fc2ブログ
トップ

小鳥のテラリウム作り方

ご訪問ありがとうございます。

前回のウサギのテラリウムに続き、
今日は、小鳥バージョンをご紹介します。
インスタにて先に写真を公開していましたので、
ブログではその中身を細かく解説しますね。

0315.jpg

タイトルもあったはずなんですが、
忘れてしまいまして、
たしか「小鳥のかくれんぼ」的な感じだったかと…。


こちらの容器はガラスの瓶ではなく、
プラスチック製になっています。
セリアで購入(2018年)しました。

0315 (1)


コロンとした中の空間が広いタイプで、
本来は食品用の保存容器だと思います。
中が広い容器であればあるほど、
たくさん飾りを入れることが出来るので、
見応えのあるテラリウムを作る事が出来ます。

フタを真上にして置くことも出来るし、
ナナメ45度にしても置ける2WAY仕様。
今回はナナメで使いました。
フタに大きめのシールを貼って
アクセントにしています。

0315 (3)


ナナメ使いにすることで真上からも鑑賞できます。
小さなジョウロの中に水色の粒が見えます。
水が入っているイメージで、
水色のゼオライトを入れてあるんです。


基本的な作り方は
前回のウサギバージョンと同じです。
園芸用のハイドロボールの粒を敷き、
素材を挿してレイアウトしていきます。

0315 (2)

小鳥、フェンス、アメリカンポスト、ジョウロ、
全て100均で揃えました。
挿す棒が付いているピックの場合は、
ペンチで棒をカットしたり、調整して使います。


ミモザや細かい花は造花、
ピンクのニチニチソウだけは、
着色されたドライフラワーで、
ワイヤーを挿して茎にしています。

これだけの量の中身を入れますので、
なかなか細かい作業になります。

フタが横向きですから、
横置きのまま仕上げていきますので、
ロングピンセットか菜箸などを使い、
奥から作っていくのが最大のコツです。

アメリカンポストやミモザの造花のように、
背の高い素材を採用して、
空間の上のほうを埋める事も大事です。
どうしても地面のある下のほうばかりに
飾りが集まってしまうので。

素材は何も接着していないので、
永遠にやり直しが出来ます。笑
これだ!と納得のいくレイアウトになるまで、
時間をかけて微調整を繰り返します。
妥協せず、愛せる作品に仕上げて下さいね。


コメントもお待ちしております♪
では、また!


NHKあさイチグリーンスタイル講師
NHKカルチャー横浜ランドマーク校講師

鴨下ふみえ

※次回更新は3月17日の予定です。
※無断転載禁止
※ご依頼はメールフォームにて

★インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/fumie_craft/






送料無料でお届け♪ HitoHanaのお花の定期便

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ふみえ

◆鴨下ふみえ
ガーデニング・アーティスト
クラフト作家

◆主婦業の傍ら、手作りで楽しむ ガーデニングやインテリアのアイデアを提案。
「誰でも簡単に!でもセンス良く」
がコンセプト。 狭くても心地よい、
「シンプルガーデニング」を追求している。 

◆NHK総合『あさイチ』
グリーンスタイル講師。

◆NHK Eテレ
『ガールズクラフト』
『ポップイン!クラフト』作品監修。

◆教室
NHKカルチャー横浜ランドマーク校にて
講師歴9年(2022年3月閉校)

◆著書 2016年5月発売
『身近なグリーンで作る、飾る 
インテリア小物&プチアレンジ』

 鴨下ふみえ


◆神奈川県在住
 夫と高校生の娘と3人暮らし

◆メインサイト
GARDENING & CRAFTS

◆インスタグラム
fumie_craft

PR お役立ちショップ

【10万件突破!ポストに届く花】








ベルメゾンネット








ブログ内検索

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR